サンプルアイチャッチ

小学生英語


スピードラーニングジュニア

 現在、小学校では英語が必修化されています、5・6年生で年間35単位の「外国語活動」として必修化されています。

 文部科学省では、早い時期から基礎的な英語力を身につけ、国際的に活躍できる人材を育てるという目的で、2018年には、小学校3年生から英語活動を必修化、5、6年生で成績をつける正式な教科とすることを決めました。
 2020までの完全実施を目指しているとのことです。

 世の流れもあって、ますます我が子にも英語を身につけさせなければ・・・とお考えかと思います。とはいえ、赤ちゃんや幼児のうちから英語に親しんでいたわけでもなく、小学生になって、ましてや高学年になってしまっていると、「もう遅いのではないか?」と半ば諦めてしまっていたり、焦ってしまっていたりする方も多いのではないでしょうか。

 学ぶということに遅いということはありません。

 40歳過ぎた大人だとしても、やる気さえあれば勉強できます。必要性に迫られていれば、どんなに仕事が忙しくてもマスターできるはずです。(仕事上、TOEICで750点以上をとるように言われれば、頑張って勉強しますよね 。)

 私たち大人と違い、まだ若い小学生であれば、私たちよりも何倍もの速さでマスターしていくことでしょう。それくらい子供の可能性は無限大に広がっているものです。
 ただ、問題は高学年にもなると、親の言うことを聞かなくなります。興味のないことには見向きもしなくなります。「もっと小さいうちからスクールに入れておけば良かった!」と思っても、既に時は流れてしまっているので、後悔しても仕方がありません。

子供をやる気にさせる英語教材

 小さいころは、素直に言うことを聞いて勉強をしてくれたのに・・・
 英語に限らず、様々な学習教材をやらずに溜まってしまっていることはありませんか?

 そんなお子さんにも続けて学習できる英語の教材・学習法を集めてみました。

 英会話スクール・英語塾での学習

 赤ちゃんや、園児の頃から英語のCDやDVDなどで英語に慣れ親しんでいたという環境で育ったお子さんであれば、そう抵抗なく英語学習を続けていけるかと思います。
 しかし、小学生になって初めて英語を習ってみようとする場合、入学したばかりの新1年生ならまだ大丈夫かもしれませんが、学年が上に上がるにつれて、親の思うように学習してくれないことがほとんどです。自我の成長ということで、良いことではあるのですが、親の本音としては、「値段の高い教材を思い切って購入したのに、なぜ勉強しない!!」といったところではないでしょうか。

 無理強いは禁物ですが、英語が話せるようになってもらいたい、後々の英語学習でつまづくことのないようになってもらいたい等、親としてサポートをしてあげたいという気持ちもわかります。

 続ける事を目的とするならば、スクール・塾に入れることが一番です。毎週決められた日時に習いに行くので、強制力があります。否応なしに勉強をするという環境に置かれるからです。
 ただ、スクールがお子さんに合っていて、友人が出来たり、先生との関係も良好で楽しく通うことができれば良いのですが、親の命令に従って嫌々仕方がなく行かされていると感じているようであれば、英語自体が一種のトラウマとなり、中学へ進んでからの英語学習にも影響がでてきてしまう可能性もあります。
 お子さんの様子を見ながら見極めることも大切ですね。

 自宅での英語教材を使った学習

 スクールに通うより安価で学習できます。最近ではタブレット式の学習教材もあります。タッチパネルで、ゲーム感覚で学べるということで、子供の食いつきも良いかと思います。
 私自身も、パソコンでできる英語教材を子供に学ばせていました。ゲーム形式で、ポイントを貯めていくというもので、確かに子供もハマりました。しばらくは夢中になって勉強していたのですが、子供の興味の移り変わりはとても早く、妖怪ウォッチの3DSソフトが発売されるやいなや、英語ゲームには見向きもしなくなってしまいました。子供にとっては勉強というより、ゲームという位置づけだったのかもしれません。

 自宅で英語教材を使って勉強するには、親もできるだけ一緒勉強するという姿勢も必要です。例えば、ただDVDを見させておいておけば良いというものでもありません。一緒に見ながら、時には声を出しながらという姿勢も大切です。また、毎日学習するように働きかけることも必要になってきます。

 オンライン英会話とは

 オンライン英会話とは、インターネッで学習できる英会話スクールです。スカイプという無料通話ソフトを使って、自宅に居ながら講師と会話ができるというものです。高学年になっていて、初めて英語を学ぼうとするのなら、オンライン英会話もおすすめの1つです。
 CD等の聞き流す的な英語教材も、本当にしっかりと英語を身につけたいのであれば良いのですが、よほど成績優秀、品行方正でない限り続けるのは無理な場合がほとんどです。
 オンライン英会話であれば、その子供のレベルに合わせての学習、外国人講師による“生きた英語”を聞くということもできます。       

 ただ、問題はインターネットやPCに不慣れな人の場合、申し込み、設定等が未知の世界そのもので、敬遠してしまうということではないでしょうか。今、このサイトを読んでいるということはインターネットで検索ができているということになります。
 ということは、あとほんの少しの努力でオンライン英会話までたどり着くことができます。(多くのオンライン英会話教室が、設定等わからないことは教えてくれますので安心してください。)
 以下のページにオンライン英会話のレッスンを受けるのに必要なものをまとめました。

→ オンライン英会話に必要なもの